Comodo で kubernetes の SSL 証明書を更新する。

今回kubernetes上にあるアプリケーションの証明書が切れてしまったので更新しました。 Comodo特有のわかりにくいところがありましたので、ここに書いておきたいと思います。 Comodo で新しい証明書を作成する 今回はUC Certificate を更新したいので、こちらからアクセスして、 Get certificate をクリックします。 STEP 2 では Web server system を Other にして今回は進めます。 適宜進めていくと、Action requied が2つ出てきます。 »

Drone io で ssh 接続できなくなった時。

こんにちは yoshi です。 新しいプロジェクトをつくってdroneを使って auto deployment を行った時に以下のエラーが現れてプロジェクトの更新ができなくなりました。 $ ssh developer@drone.lesson-time.com:22 -p 22 Error: Failed to dial to server. ssh: handshake failed: ssh: unable »

kubernetes 上の SSL 用の deployment file の作り方

こんにちは yoshi です。 Kubernetes の Replication Controller を Deployment のシステムに変更したくて切磋琢磨中です。 kubernetes 1.4になって変わったこと kubernetes 1.4になって変わったことがいくつかあるのですがその中でも大きな変更は Replication Controller(RC) を使わなくなったというところですね。 これまでは RC, Service(SVC) のファイルを作成すると Podsが生成されてアプリケーションが動くようになりました。 »

kubernetes の rollout と rolling-update の違いは??

こんにちは yoshi です。 秋らしい天気になってきましたね。 今回は rolling-updateとrolloutの違いが気になったので、調べてみました。 rolling-update rolling-updateは以下のようにして使います。 $ kubectl rolling-update NAME \ ([NEW_NAME] --image=IMAGE | -f FILE) 公式ドキュメントによるとこのメソッドはReplication Controllersにのみ対して行うそうです。 現在は1.4.0 versionですので、Deploymentsを使うのが推奨されています。 rollout »