kubernetes を使うための設定など

東音企画エンジニアの江口です。

今回、インフラ作業に携わる一環でkubernetesを使うための設定を実施しましたので、その方法を残しておきます。

作業環境

Mac OS X

前提条件

Google Cloud Platform(GCP)でクラスタを作成してある状態から始めています。GCPについてはGoogle Cloud Platformをはじめようチュートリアル #gcpjaが参考になりそうので、設定が必要な方はそちらを参照してみてください。

google cloud sdkの初期設定を行う

(公式のドキュメントはこちらGoogle Cloud SDK Documentation)

1.Python2.7がインストール済であることを確認します。

python -V

2.SDKファイルをダウンロードする。

今回は現時点の最新バージョンである127.0.0を入れてきました。 Mac OS X (x86_64)またはMac OS X (x86)

3.ダウンロードしてきたファイルを展開する。   

任意の場所で良いようです。

4.(オプション作業なので実施しませんでした。)

SDK toolのパスを通す作業のようです
install.sh

5.SDKの初期化コマンドを叩きます。

gcloud init

kubernetesの設定をする

(公式のドキュメントはこちらKubernetes GUIDE)

kubernetestを入手します。

ソースコードをダウンロードしてビルドする方法と、ビルド済のものをダウンロードする方法があるようです。 ここではビルド済みのものをダウンロードしてきました。 このコマンドを叩くだけでOKです。 brew install kubernetes-cli

kubectlの設定をする

1.GCPのクラスタとkubectlを接続します。

GCPのダッシュボードから、[Container Engine]を開きます

作成済みのクラスタが表示されるので、そのクラスタ名をクリックします。

クラスタの詳細表示で、[connect to the cluster]をクリックします。

表示されるコマンドをコピーして、terminalで実行します。

2.kuberctlのセットアップが完了しているか確認します。

kubectl cluster-info

クラスタの情報が取得できていれば成功です。

サービスを立ち上げてみる

下記のコマンドを実施します。
kubectl proxy

下記URLにアクセスすることで、kubernetesからクラスタにアクセスできます。 http://localhost:8001/ui

これで設定は完了です。

※ターミナルでの管理者権限の無いアカウントで実行しようとすると、 permission deniedになることが多々ありました。
また、インストールしたりコマンド実行した後は ターミナルの再起動もちょくちょく実施したほうが良いです。 (どちらも当然といえば当然だったのですが、すっかり忘れてて所々ハマりかけました)

参考ページ