kubernetes 上の SSL 用の deployment file の作り方

こんにちは yoshi です。

Kubernetes の Replication Controller を Deployment のシステムに変更したくて切磋琢磨中です。

kubernetes 1.4になって変わったこと

kubernetes 1.4になって変わったことがいくつかあるのですがその中でも大きな変更は Replication Controller(RC) を使わなくなったというところですね。

これまでは RC, Service(SVC) のファイルを作成すると Podsが生成されてアプリケーションが動くようになりました。

これからはRCが代わりに Replica Sets(RS) というものに変わり、また Deployment をアップすると, RS, SVC, Pods がそれぞれ結びつきアプリが動くということが可能になりました。

Deployment で記述できること

同じファイルにSVCを記述できるので、deployment ファイルに SVC と細かい config 設定を書いています。
以下が deployment ファイルの例です。大文字で記載しているところは適宜変更してください。

今回は internal な SVC と external な SVC を作り、https でアクセスできるようにしています。
Goのアプリケーション用の deployment なので、Port がそれぞれ 8080 になっています。Rails であれば3000, phpであれば80とかですね。

公式ドキュメントはこちら