jQuery で console.logを出力すると iOS のchromeでバグが起こる。

以下のような jQuery コードで input の中身を空にする機能と、console.logを同じファンクションの中に持つと、iOSのchromeでコードが実行されないというバグがありました。 somefunction() .done(function(response){ // your code console.log(response);                 // To empty input value $('#message').val(''); }); 以下のように実行するとうまくいきます。 »

The quota has been exceeded.の対処法

どうやらThe quota has been exceeded.と表示される時は IOSのsafariでシークレットモードを利用している時、local strage を扱うと起きるエラー。 自分の場合は以下のコードでエラーが発生していました。 updateData(). done(function () { window.localStorage.setItem("_saved", true); }) できるだけ、local strage を使わないで生きていきたいですね。 どうしてもブラウザのストレージを使いたい時はcookieを使うと良いでしょう。 js-cookie というプラグインを使うと簡単に扱える様になります。 »

Comodo で kubernetes の SSL 証明書を更新する。

今回kubernetes上にあるアプリケーションの証明書が切れてしまったので更新しました。 Comodo特有のわかりにくいところがありましたので、ここに書いておきたいと思います。 Comodo で新しい証明書を作成する 今回はUC Certificate を更新したいので、こちらからアクセスして、 Get certificate をクリックします。 STEP 2 では Web server system を Other にして今回は進めます。 適宜進めていくと、Action requied が2つ出てきます。 »

jQueryのajaxで Illegal invocation が出た時の対策。

Illegal invocation エラーがたまに出ます。 Uncaught TypeError: Illegal invocation これは基本的には予約語を使った場合に出るそうなのですが そんな予約語を使った覚えはないのに、エラーが出てきた時の 対策がなかなか見つからなかったので、こちらに記述しておきます。 対策 対策は簡単です。 ajax の option に processData: falseをつける。 ファイルを送信したりするときに formdata を使って送信するのですが、 以下の様に書くとエラーが出ます。 $.ajax({ url: »